個人での留学手続きを検索されている方、格安で留学サポートをお探しの方「ポチット留学」なら個人留学より安く留学することが可能です!

0120-464-556 会社概要

ログイン 新規会員登録

定評のある教育方針のもと徹底的に会話のトレーニングATPAL
ATPAL
ATPAL

学校情報

  • 基本情報
  • コース
  • 1日のスケジュール
  • 動画・写真
  • 費用

Atpal Westminster

・スピーキングに焦点を当てたオリジナルの教授法
・講師陣の教育スタイルが統一されており、先生によって授業の質が上下することがない
・アットホームな環境でスピーキングを伸ばしたい方におすすめ

学校名 ATPAL
都市名 Montreal(モントリオール)
設立年 1972年
生徒数 30~80
講師数 5
レベル数 5レベル
教室数 7クラス
1クラスの人数 8~12
日本人スタッフ ×
日本人比率 10%
国籍比率

(夏季) 日本 15%, 韓国 30%, アジア 0%, アラブ 0%, 中南米 45%, ヨーロッパ 5%, カナダ 5%, その他 0% (冬季) 日本 5%, 韓国 10%, アジア 3%, アラブ 3%, 中南米 75%, ヨーロッパ 0%, カナダ 0%, その他 5%

学校設備 ・ラウンジ ・キッチン ・冷蔵庫 ・電子レンジ ・PC (5 台) ・ Wi-Fi
この学校の姉妹校 -

ESL (基礎英語) レベル1~5

Immersioin Program(Full time Intensive 週25時間)は、このプログラムは、1 日 5 時間の授業の中で、カンバセーションスキルの向上を 70 % 、文法やボキャブラリーを 30 % という時間配分で構成し、コミュニケーション能力の向上を目的として授業を組んでいます。 『文法はそれなりにわかるけど会話となると』 という日本人の方におすすめです。30% とはいえ、カンバセーションスキル以外も決しておろそかにする事はせず、生徒の発言に対して一つ一つの文法・発音などの誤りを全て訂正し、正しい英語を身に付けさせます。

少人数制だからこそ実現できる 『ターゲットワーク』 では、生徒が各々の弱点を自由にリストアップし、先生のアドバイスを基に皆で助け合ってそれを克服する事で、今まで自分では理解できなかったポイントが解決され、より質の高い英語が身に付きます。全授業の進行を皆で助け合う事で、生徒同士の仲もとても良くなります。  更に、間違えた文章は本当に一つも見逃さず、誤りを明確にし、正しい文章を言い直させる徹底ぶりには、必ずや英語学習者の力になってくれると思わずにはいられません。しかも、このように教育方針がしっかりしているからでしょうか、先生によって授業の質や内容がブレる事が少ない点もおすすめできるポイントです。

Semi Intensive (週12時間)は Immersion Program と同様の授業を毎週月曜日から木曜日の午後 3 時から 6 時まで開講しています。例えばフルタイムで英語を学習し、追加してその後にフランス語を学ぶといった組み合わせも可能ですし、他の学校に通っている方が、追加で英語やフランス語の会話トレーニングを組み込むこともできます。

受講出来る試験対策

TOEFL

週 6 時間 - 月・火・木 15:00-17:00

TESOL

その他

FSL (基礎仏語) レベル 1-5 ・スペイン語

09:00-11:30 総合英語 / 仏語
11:30-12:00 昼休み
12:30-14:30 総合英語 / 仏語
14:30-15:00 休憩
15:00-18:00 パートタイム 英語 / 仏語 / スペイン語
TOEFL、DELF コース (15:00-17:00)
18:00-20:00 夜間 A 夜間 B 夜間 A 夜間 B

学校の紹介動画

学校の紹介写真

ATPAL

この学校を見た方はこんな学校も見ています