個人での留学手続きを検索されている方、格安で留学サポートをお探しの方「ポチット留学」なら個人留学より安く留学することが可能です!

0120-464-556 会社概要

ログイン 新規会員登録

  • TOP
  • スタッフブログ

スタッフブログ

留学中の食事はどうなる?外食・チップ・自炊は? アメリカ・北米篇2017.11.15

留学の時に気になる事の中で上位を占めるのは、やはり現地での食事事情だと思います。

そこで今回は筆者のアメリカ留学の経験から、留学先での食事はどうするか、どんな外食先があるか、また日本食を食べることは出来るのか、についてお話します!

アメリカの外食レストランはどんなものがあるか

アメリカで多いタイプのレストランは、自家製ハンバーガーを主とするアメリカン料理、タイ料理、メキシカン料理ですね。どのレストランも安くて量が多いので人気です。日本人は小食なので、ひとつだけ注文して2人で食べてちょうどいいくらいかもしれません。

また、中華料理店も多くありますが、日本の中華料理店とは味もメニューも違いますし、テイクアウトが主流なんです。

先日、アメリカではお馴染みの中華料理店パンダエクスプレスが日本に再進出しましたが、アメリカの中華料理店はあんな感じだと想像出来るでしょう。もし、日本向けにローカライズされていなければ…の話ですけどね。

バイキングスタイルのレストランももちろんあります。お寿司なども食べられて値段も安いので良いのですが、あっちにもこっちにもあるほどポピュラーな形態というわけではないのが残念ですね。

もちろん、アメリカといえばお馴染みの、マック、KFC、スタバなどといった日本にもある外食・カフェチェーン店はたくさんありますのでご安心ください。日本との味や量の違いを知るのも楽しいと思います。

チップ制度に慣れよう

アメリカ・カナダなど北米で外食する時に忘れてはならないのが、チップ制度です。

チップを計算する時には、税抜き価格からランチなら15%ディナーなら20%ほどと考えておけばまず大丈夫でしょう。しかし、ひどい扱いを受けたり、逆にいろいろとサービスをしてもらったりした時などには、チップの額を変更しても構いません(払わない、ということはありません)。

カフェなどで長居をしてしまった時には、座席の回転率が下がりserver(ウェイター・ウェイトレス)がその分のチップをもらいそびれてしまうということになりますので、多めにチップを置いておくと良いでしょう。

こうしたちょっとした配慮が、カフェ・レストランで居心地良く過ごすのに大切になってきます。特に、常連になりたい!と思ったお店ではこのあたり気をつけてみましょう。

レストランによっては、レシートにすでにチップの金額が記述してることもあります。大抵3つくらいの金額が提示され、その中から選ぶようになっていますので、上記の割合率を参考に選んでみてください。

チップの計算は少々面倒なので、あらかじめ計算されていて選ぶ方が簡単でいいですね。

ちなみにファストフード系、お持ち帰りメインのお店(スタバ含む)ではチップは払わなくていいのですが、もし小銭があったらTIPと書かれた入れ物が置いてありますから、気持ちとしていくらか入れてあげるとナイスですね。

日本食が食べたくなったら?

アメリカは多民族国家ですので、様々な国の食べ物を食べることができます。特に南米からの移民が多いのでメキシカンのレストランはどこでもたくさんありますし、安くて量も多いので人気があります。

日本食のレストランはニューヨークなどの都会に行けば、お寿司屋さん、天ぷら屋さん、ラーメン屋さんなど日本食のほとんどがあります。逆に、あまり都会ではない地方では、日本人経営の日本食レストランを探すのは難しいでしょう。

味にあまりこだわらず、アメリカ風のお寿司などでもOKな人は、日本人ではないシェフのレストランはあります。アメリカでは海苔を食べるのはあまりポピュラーではなく、「見た目が紙のようで慣れない!」という人に配慮して、海苔をなんと内側に巻いてあるお寿司も存在します。このあたりの違いを知るのも面白いですよ。

いずれにしても、日本食レストランは値段が高いのでちょくちょく行くのは難しいかもしれませんね。でも、自炊ならば少し安く日本食を楽しむことができます。日本食の材料を売っているスーパーはいくつかあり、しかも通販で買えるお店もありますから近くになくても気軽にに手に入ります。

筆者もアメリカ滞在中はその通販のスーパーにお世話になっていました。よく作っていたのはカレーやお好み焼きですね。インスタント食品もよく買っていました。値段はやはり日本に比べると多少高めですけれど、レストランに比べると断然安いので是非試してみてください。

もちろん、ご実家から送ってもらうのもひとつの方法ですよ。

注意していただきたいのは、検疫の関係で日本から輸入出来ない商品(禁制品)も一部ありますので、調べてから送ってもらうようにしましょう。
]
送ってはいけない品物がなにかは、送り先の国によっても変わります。こちらの日本郵便のページを参考にしてください。

参考
送る前に知っておこう!送れるもの・送れないもの – 留学生応援ページ 国際郵便らくらくナビ – 日本郵便

以上、留学先での食事事情についてお書きしました。食べることは生きていくうえで大切な事ですので、参考になれば幸いです!